消費者金融系のカードローンなら審査も甘くて即日融資も可能

すぐにお金が必要なら消費者金融がおススメ

 

少しだけお金が借りたい、そんなときに便利なのが消費者金融系のカードローンです。小額と言っても50万円以下の借入も可能になっています。もしものときには心強いですよね。

 

消費者金融での小額キャッシングには、いくつかのメリットがあります。

 

  • 収入証明書が不要
  • 無担保
  • 審査時間が短い
  • 即日融資も可能

 

消費者金融でお金を借りることに躊躇する人もいるかもしれませんが、全国展開しているような消費者金融なら、まずは心配ありません。銀行と提携しているところも多く、資金源もしっかりとしています。テレビのCMなどで見るような大手の消費者金融なら、安心して借りることが出来ます。

 

急いでお金を借りたい時におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

初めてのキャッシング

初めてキャッシングするときには、条件や用意するものなど気になるところも多いと思います。消費者金融系カードローンを利用するときには、安定した収入があることが必須の条件です。

 

しかし、小額キャッシングの場合には本人書類だけで借りることが出来る場合も多いです。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。これらのものを店頭で提出したり、郵送したりする必要があるので申し込みをするときには忘れないようにしましょう。

 

50万円を超えるときには収入証明書

小額の場合は必要ないですが、50万円以上キャッシングするなら収入証明書が必要になります。給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などを提出することになります。

 

消費者金融系の場合、銀行などと比べれば審査は甘めになっています。だからと言って、偽造書類のようなものを提出するのはもってのほかです。有印私文書偽造や詐欺などに問われてしまうかもしれません。書類はきちんとしたものを用意しましょう。

 

小額キャッシングでも、嘘の申し込みはダメ

消費者金融系の小額キャッシングは自己申告で通ってしまうところがあります。申し込みをするときには、自分に有利になるような書き方をしましょう。1人でアパート住まいよりは、持ち家のほうが審査には通りやすくなります。頻繁に実家に帰るという人なら、実家の住所で申し込みをしてみるのも良いかもしれません。

 

また、年収にばらつきがある自営業者のような方は、年収の多い年を基準にして申し込みをすると、審査に通りやすくなります。ただ、小額のキャッシングなら、安定した収入があれば問題なく審査に通ると思います。ただし、収入が無いのに有るというような嘘の申し込みはいけません。トラブルの元にもなるので注意しましょう。

 

消費者金融系カードローンでは、初回限定で無利息で借りられるなど、さまざまなサービスも行っています。無利息などは、初めて借りる人にはお得なサービスなので積極的に利用してみてはどうでしょうか。申し込み方法も簡単で、店頭や自動契約機、インターネットからでも申し込むことが出来ます。ネットの場合は、自宅にいながらできるので、誰かにキャッシングをしていることを知られる心配が少ないです。

 

ネットでの申し込みは、審査結果が出るのも早くて、30分で結果が出るところもあります。即日融資を希望するときには、審査結果が早いところへ申し込みましょう。また、消費者金融は総量規制の対象になっています。他のところでも借入をしていた場合、それと合わせて年収3分の1以上は借りることが出来ないので気をつけましょう。

キャッシング会社の審査が早い理由とは

緊急時に現金が必要になった場合、スピーディーな対応をしてくれるのはやはりキャッシング会社でしょう。キャッシング会社では、最短30分のスピード審査が売りです。では、キャッシング会社がなぜスピーディーに対応できるのかご案内しましょう。

 

スコアリングシステムでスピーディ

いちいち申し込み用紙の内容を人の手で確認したり、入力していては時間がかかります。キャッシングの審査では、融資の審査に必要な審査項目を数値化して点数を付けていきます。そして、合計点数を審査の判断材料としています。スコアリングシステムは、技術が進んでいるため、審査の精度はとても高まっています。

 

審査が早いからといって、信用情報機関の情報のチェックを適当に行っている訳ではありません。電子データのマッチングなので、スピーディにチェックすることができるのです。スコアリングの点数を高くするには、普段からクレジットカードなどの返済をきちんとすることです。事故情報となる返済遅延や延滞が多いと、審査に時間がかかります。申し込み時に記入する情報に嘘が発覚すると、信用されなくなってしまいますので、正直に記入することも大切です。

 

在籍確認

勤務先の在籍確認は、電話が主流でしたが、最近では書類提出が多くなってきました。また、書類提出も必要ないところも出てきました。電話による在籍確認に時間がかかっていたために、銀行振り込みによる即日融資が間に合わなくなったりといったことがありましたが、書類を提出することでより時間を短縮することができるようになりました。

 

審査結果によっては、電話による在籍確認などが必要となるケースもありますので、絶対とは言えませんし、銀行カードローンだと審査が厳しいところもあります。もし、書類提出が必要となったとしたら、限度額いっぱいに借り入れを申し込んだか、勤続年数や雇用形態に対して多過ぎる借り入れを申し込んだ、などということが考えられます。審査をスピーディに通過するには、限度額は最低額に留めておくことがポイントです。希望する借り入れ額が多いと、収入証明書の提出が必要となります。

 

銀行が閉っても平気

ネットで申し込みをしても、銀行振り込みによる即日融資に間に合わなかったら、キャッシング会社では、無人契約機でキャッシュカードを発行し、専用ATMでキャッシングできるようにすることが可能です。無人契約機の営業時間は、22時くらいまでとなっていますので、多少遅くなっても年中無休で対応してくれます。

 

また、無人契約機で申し込みを行う場合は、審査している間ずっと待機していなければいけませんので、事前にネットで審査が通過した状態にしておくと時間を短縮することができます。また、ネットで申し込みをしたら、キャッシング会社に電話をして、即日融資希望の旨を伝えると、審査の優先順位を早くしてくれるところもあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴